2016年2月28日日曜日

本格的なチキンビリヤニの作り方とレシピ

日本ビリヤニ協会会長のビリヤニ太郎が研究に研究を重ねたレシピを紹介します!

材料
★A
チキン(もも肉、1口大に切る):600g
クミンパウダー:小さじ2
ターメリック:小さじ1/2
カイエンペッパー:小さじ1(辛みの素なのでお好みで調整)
ヨーグルト:大さじ5
塩:小さじ1

★B
クミンシード:小さじ2
カルダモン:6個
シナモン:3かけ
クローブ:6個
ベイリーフ:1枚
コショウ:4つぶ
ショウガ(すりおろす):24g
にんいく(すりおろす):24g
タマネギ(スライサーで千切り):100g
トマト(缶でも可):60g
油:大さじ3
水:150ml

★C
バスマティ米(軽く洗い水に30分つける):400g
水:3L
塩:小さじ7
カルダモン:3個
シナモン:2かけ
クローブ:3個
ベイリーフ:1枚
コショウ:4つぶ
スターアニス:2かけ

作り方
材料Aをすべてボールに入れて最低30分マリネしておく

厚手の深い鍋Aに材料Bの油大さじ3を入れて、
たまねぎを炒めてフライドオニオンにする(約10分、焦げないよう注意する)

油を鍋に残し、フライドオニオンになったら油を切って別皿に移しておいておく

同じ鍋A(フライドオニオンを作った油を使う)に材料Bの
ホールスパイス(クミン、カルダモン、クローブ、シナモン、ベイリーフ)を入れて炒める

香りが出たら、材料Bのニンニク、ショウガを香りが出るまで炒める

トマトを入れて水分がなくなるまで炒めたら、フライドオニオンの2/3を入れて混ぜる

マリネしておいた材料Aを入れて表面に火が少し通るぐらい炒める

水150mlを入れて、沸騰させてから弱火で10分煮込み、
塩味を調整する。(この時に少し塩辛いぐらいでOK)
その後火を止めておいておく

別の鍋Bに材料Cのバスマティ以外を入れて沸騰させる

沸騰したらバスマティの水を切り、入れる
お米を入れてから4分(約50%炊き)で1/3を湯取りして、
鍋Aに入れる(お米を入れる際は鍋Aは温かい状態にしておく)
さらにお米を入れてから6分(約80%炊き)たったら、
すべてのお米を湯取りして鍋Aに入れる
*お米を炊く時間はあくまでも目安であり、バスマティの種類によって変わってきます。

すべてのお米を入れたら、上に余っているフライドオニオンを散らして蓋を閉めます。
ここでお好みでパクチー、ミント、カシューナッツ、
ギー(なければバター)をトッピングしてもOKです。
中火にして、鍋から湯気が出てきたら(約3分〜5分)
弱火にして10分、火を止めて5分蒸らしたら完成!

下から優しく混ぜて盛りつけます

作って頂くとわかるかもしれませんが、手間もかかるし完成するまで味見をで
きないので最初は思い通りにできないかもしれません。
インドでもビリヤニを専任で作る人がいるぐらい、難しい料理です。
ただ作る価値はある料理だと思いますので、ぜひ家でビリヤニを作ってみてください!
付け合わせのライタも忘れずに!

*スパイスなどの材料はこちらで販売しています。
*厚手の鍋がない方は、間にフライパンをかませれば焦げ防止になります

【関連記事】

日本ビリヤニ協会公式通販サイト
 

6 件のコメント:

  1. こんにちは
    美味しいビリヤニが食べたくて
    このページにたどり着きました。
    カレーライス用として自宅にバスマティを
    少々買い込みすぎてしまったので、
    このページを参考にビリヤニを作ってみました。

    味も香りもとてもいい。レシピ様様です。
    ありがとうございます。

    ただ、自宅に買ったバスマティ米は
    少々コシがなく柔らかいようです。
    とても炊き加減が難しい・・・ 
    奥が深いですね。試行錯誤にて
    再度、再々度挑戦してみようと思っています。

    そうそう、本格的なライタのレシピもあれば
    ご紹介お願いします。

    返信削除
    返信
    1. まおさん

      コメントありがとうございます!
      美味しく作れてよかったです!

      バスマティの炊き具合がビリヤニの一番難しいところだと思いますので、
      何度か試行錯誤してみてください!
      バスマティにも色々な銘柄がありますので、他を試すのもいいかもしれません。

      ライタのレシピですね!
      ちょっと研究してみます!しばらくお時間をください

      削除
  2. ヨーグルトの左に写ってるマグロの切り身みたいのは何でしょう?

    返信削除
    返信
    1. トマト缶を冷凍していたやつです。

      削除
    2. ありがとうございます。

      削除
  3. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除